資生堂HAKUを使ってシミが「薄くなった」「消えた」という口コミは多いですが、ニキビ跡にも効果はあるのでしょうか。HAKUはニキビ跡を目立たなくすることができるのか調べました。

資生堂HAKUでニキビ跡に効果があった人の口コミ

口コミ①

資生堂HAKUの化粧水を1ヶ月くらい使いましたが、肌がワントーン明るくなりました。シミも少し薄くなったように感じ、気になっていたニキビ跡も目立たなくなりました!シミに効果があればいいなと思って購入したので、まさかニキビ跡にも効果があるとは知らず嬉しいです。

口コミ②

資生堂HAKUの美容液を1年間くらい愛用して使っています。美白効果や美肌効果もありますし、ニキビ跡などの色素沈着にも効果あります!

顎にできたニキビ跡がずっと気になっていたのですが今ではキレイに消えてしまいました。目の横にできた小さいシミもいつの間にか消えていました♪

資生堂HAKUでできること、できないこと

資生堂HAKUはシミだけではなく、ニキビ跡にも効果があったと実感している人はいますね。シミ、ニキビ跡に効果があると言われているHAKUは他にどのような効果が期待できるのでしょうか。できること、できないことをまとめました。

できること

・日焼けしてしまった肌をもとの肌色に戻す
・そばかすやシミを予防する、ケアする
・ニキビ跡をケアする
・肌に透明感を与えて明るくする
・肌のキメを整える
・鼻の黒ずみなどの毛穴をケアする

できないこと

・肌を一瞬で白くする
・もとの肌色よりも白くする
・イボやほくろのように盛り上がったシミをケアする

悩んでいる肌の悩みが、資生堂HAKUでケアできる範囲内であれば悩みを解消することは可能です。盛り上がったシミは初期段階であればHAKUでケアすることは可能ですが、肌に根付いてしまっている場合は難しいです。

また、肌を一瞬で白くしたり、もとの肌色よりも白くするといったことはできません。HAKUに限らずどのような美白化粧品でも不可能なのです。

ニキビ跡は美白化粧水で肌をうるおすことが1番効果的

資生堂のHAKUシリーズの中で最もニキビ跡に効果的なのは「美白化粧水」です。肌にうるおいを与えて保湿することで透明感が増し、ニキビ跡やニキビ予防、シミをケアすることができるのです。

肌は約28日周期であたらしい肌へと生まれ変わるとされていますが、これは肌がしっかりとうるおっている場合です。

加齢とともに肌のうるおいは減少して乾燥しがちになるのでターンオーバーが遅くなります。そのため、HAKUの美白化粧水で保湿をして肌をしっかりとうるおすことでターンオーバーを正常化させることができます。

つまり、美白化粧水で新しい肌を生みだす力をサポートしてあげることでニキビ跡をしっかりとケアできるということです。

資生堂HAKUはどのくらい使えばニキビ跡を目立たなくしてくれる?

肌のターンオーバーは約28日周期で行われていますが、28日経ったからといってニキビ跡が劇的にキレイになるわけではありません。

HAKUを使ってニキビ跡を目立たなくするためには最低でも3ヶ月はかかるでしょう。

どんなに効果的な美白化粧品であっても肌はゆっくりと変わっていくものなので、キレイな肌を手にいれるにはある程度の時間がかかります。

けれど、3ヶ月間毎日しっかりとお手入れをしていけば少しずつ嬉しい変化を感じることができるはずですよ♪


HAKUはニキビ跡を目立たなくさせる効果があります。HAKUシリーズの中でも美白化粧水で肌に保湿とうるおいを与えることで、効率的にニキビ跡をケアすることができますよ。毎日しっかりとお手入れすることで気になるニキビ跡を目立たなくすることが可能です。

>>【期間限定】HAKU美容液メラノフォーカスVお試しサイズの特設ページはこちらから