ニキビ跡 洗顔

赤みのあるニキビ跡を治したいのなら化粧水やクリームをつける前の洗顔が最も大切です。けれど、洗顔方法を間違えると悪化させてしまうこともあります。ニキビ跡をキレイにする正しい洗顔方法、洗顔するときに気をつけてほしいことを説明します。
MENU

ニキビ跡を治す正しい洗顔方法とは?洗顔するときの注意点3つ!

<ニキビ跡を治すために洗顔が大切な理由とは?>
洗顔することによって余分な皮脂、メイクの汚れ、古い角質などを洗い流して肌を清潔に保つことができます。

 

正しい洗顔をすることで肌のターンオーバーを促すことができ、ニキビ跡をケアすることができるのです。

 

しかし、正しい洗顔をしないとニキビ跡を改善することができません!

 

逆に悪化させてしまうこともあるのです。

 

正しい洗顔方法でニキビ跡をしっかりとケアすることが大切です。

 

 

<ニキビ跡を治す正しい洗顔方法>
ステップ@:まず、手をしっかりと洗いましょう。

 

手についている雑菌を洗い流すことで洗顔料の泡立ちがよくなります。

 

 

ステップA:ぬるま湯で肌を湿らせましょう。

 

これで肌についているホコリや汗をある程度洗い流すことができます。

 

また、洗顔料が直接肌に触れて刺激になることも防げるのです。

 

 

ステップB:洗顔料を手でしっかりと泡立てましょう。

 

できるだけ細やかな泡を作るのがポイントです。

 

空気を含ませるようなイメージで泡立てるとうまくできますよ。

 

 

ステップC:皮脂が多いTゾーンから洗いましょう。

 

クルクルと円を描きながらなるべく肌に手がつかないように泡だけの力で優しく洗います。

 

ニキビ跡の部分は泡だけで優しく洗い、ニキビができている部分は刺激を与えないように注意して洗いましょう。

 

 

ステップD:頬、あごのUゾーンを洗いましょう。

 

Uゾーンに泡を乗せて肌の汚れを包み込むように優しく洗います。

 

 

ステップE:目元と口元を洗いましょう。

 

目元と口元は顔のなかでもっとも皮膚が薄くとても繊細な部分なので泡を乗せるだけでOKです。

 

 

ステップF:ぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

 

すすぎなら最低でも20回すすぐようにしましょうね。

 

 

ステップG:水分をタオルで優しく拭きましょう。

 

顔の水分を拭くときは清潔なタオルを使い、ニキビ跡を擦らないように優しく顔を押さえるようにして拭くようにします。

 

 

ステップH:すぐに保湿しよう!

 

肌に残った水分と角質層の水分がいっしょに蒸発してしまわないように洗顔後は3分以内に保湿ケアを行いましょう。

 

 

<洗顔するときの注意点@刺激の少ない洗顔料を使おう>
しっかりと汚れを落とすためにスクラブ入りの洗顔料を使っている人がいますが、ニキビ跡のように炎症を起こしている肌にはおすすめできません。

 

炎症を起こしている肌は敏感になっているため、スクラブ入りの洗顔料やスースーするような成分が含まれているものは避けるようにしましょう!

 

また、ピーリング石鹸は角質を溶かして肌のバリア機能を低下させてしまうのでニキビの炎症が落ち着くまで使用しないようにしましょうね。

 

 

<洗顔するときの注意点Aしっかりと泡立てよう>
肌が敏感になっているときはできるだけ刺激を避けることが大切です。

 

洗顔するときはメレンゲ状の泡をしっかりとつくって手と顔の皮膚の接触をできるだけ避けるように洗いましょう。

 

しっかりと泡立てることで刺激を軽減してくれます。

 

どんなに泡立てても貧弱な泡しかできないものを使ってしまうと摩擦を起こしやすくしてしまいます。

 

泡立ちがよく、弾力のある泡がつくれる洗顔料を選ぶようにしましょうね。

 

 

<洗顔するときの注意点Bゴシゴシ洗わないようにしよう>
ニキビやニキビ跡に悩んでいる方の多くは、ゴシゴシと力を入れて洗って汚れを落としたほうがいいと思っていますね。

 

しかし、ゴシゴシと洗ってしまうと肌のターンオーバーの乱れを招いてニキビができやすなりニキビ跡も消えにくくなってしまうのです。

 

皮脂などの汚れは洗顔料に含まれている成分で分解して落とします。

 

なので、洗顔するときはゴシゴシと洗う必要はなくむしろデメリットにしかならないので気をつけましょうね。

 

>>資生堂HAKUは楽天で買えるけど【お試しならトライアルセットがお得】

このページの先頭へ